これからのモバイルゲームはケータイを“振って”“傾けて”遊ぶ 英語学習方法の情報局

これからのモバイルゲームはケータイを“振って”“傾けて”遊ぶのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

これからのモバイルゲームはケータイを“振って”“傾けて”遊ぶ

 携帯を傾けたり振ったり、時には自らの手や体を動かして遊ぶ──直感的に操作して楽しめるのがドコモの新サービス「直感ゲーム」だ。対応するのは「P904i」「SH904i」「D904i」の3機種。P904iとSH904iは携帯のインカメラを通じて端末の傾きや人の動きを検出して、その結果をゲームへと反映させる「GestureTek EyeMobile」をインタフェースとして利用し、D904iは端末の傾きを検知する「モーションコントロールセンサー(加速度センサー)」を搭載する。

【画像】

 4月23日の時点で68タイトルの開発が進められており、発表会場では、「塊魂モバイル」(P904iプリインストール)、「直感♪クラッシュ・バンディクー」(SH904iプリインストール)、「タマラン」(D904iプリインストール)、「ハングオン」「直感アルカノイド」「直感☆ボクシング」「直感!!コロリンパ」「なりきりアクション キミがガンダムだ!」「ふわふわ☆ドコモダケ」の9タイトルを実際にプレイできた。

 なお、直感アルカノイド、直感☆ボクシングは、それぞれ別記事にて紹介を行っている。両タイトルについて詳しく知りたいという人は、そちらを参照してもらいたい。

  脊髄反射で楽しむブロック崩し──「直感アルカノイド」
  携帯に向かってパンチを繰り出せ――「直感☆ボクシング」
  3.1インチワンセグ、3インチWVGA+HSDPA、タッチパッド、体感ゲーム、スリム&小型──ドコモ夏モデル発表
  「他社にはマネしにくいサービスで“反撃”に出る」──ドコモの夏野氏
  1端末で2回線――“MNP敗者”反撃の「ドコモ2.0」
  携帯が2つの顔を持つ──「2in1」はどんなサービス?
  904iの「うた・ホーダイ」をチェックする
  今度の“D”は“振って操作、傾けて横表示”──大画面スライド「D904i」
  各色で異なる処理のアルミ背面パネル、タッチパッド、3インチワイド液晶──「SH904i」
  3.1インチの大画面、ワンセグ対応のヨコモーション──「F904i」
  スリム&コンパクトに進化した“P”の新カスジャケスタイル──「P904i」
  3インチワイドVGA液晶とHSDPAのデザインコラボ端末――「N904i」 ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


■■


◆n904i関連ブログ記事
セフレ/マイクロダイエット 杜仲茶 ダ... - やりマンって呼ばれてもいいもん^^b... (4月30日2時59分)



◆n904i関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年04月30日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。