FC2ブログ

「あとは観客が好きに解釈してくれればいい」フランソワ・オゾンが語る『エンジェル』 英語学習方法の情報局

「あとは観客が好きに解釈してくれればいい」フランソワ・オゾンが語る『エンジェル』のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

「あとは観客が好きに解釈してくれればいい」フランソワ・オゾンが語る『エンジェル』

★新高性能2枚羽採用室外ラジコンヘリコプタードラゴンフライ★赤【OPEN記念企画070319】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071121-00000004-cine-movi
『まぼろし』や『8人の女たち』、『スイミング・プール』といった作品で、女性の美しさばかりか業の深さまでも、誰も思いつかないような形で活写してみせたフランソワ・オゾン。前作『ぼくを葬る』は、彼の分身とも思える青年の死生観の物語だったが、最新作『エンジェル』は、再び女性が主人公。その波瀾万丈な半生を思いきりドラマティックに描く。貧しい家庭に生まれ、上流階級に強い憧れを抱いて育った少女・エンジェルが、やがて人気小説家となり、夢見た人生──富も名声も愛する男性も手に入れる。だが、過去やつらい現実とは向き合わず、自ら作り上げた虚構の世界に逃避することで、彼女の人生には、取り返しのつかない歪みが生じていく。往年のハリウッド映画を意識したカラフルな映像と、新たに見出したミューズ、ロモーラ・ガライの怪演が、ヒロインの悲哀をヴィヴィッドに訴えかけてくる。( この映画のフォトギャラリー )

「僕は、男性の方が実は女性を描けるメリットがあると思う。男性の目で少し距離をおいて、女性を客観的に理解できるから」とオゾンは語る。「感性で物事をとらえる、女性ならではの思考が好きなんだ。映画では、男性はどうしてもアクション主体になりがちだけど、女性の方が豊かに描けると思う」。

オゾンにとって、初の英語作品となる本作は、イギリスの女流作家、エリザベス・テイラーの小説が原作。「友達から『このヒロインを気に入ると思うよ』と薦められたんだ...

ニュースの続きを読む


★3CH高性能室内ヘリコプターラジコン★【OPEN記念企画070319】


◆英語関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月22日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。