星野J金メダルへ…キーマンはこの癒やし系コーチ! 英語学習方法の情報局

星野J金メダルへ…キーマンはこの癒やし系コーチ!のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

星野J金メダルへ…キーマンはこの癒やし系コーチ!

☆世界初!電動乗用車ラジコン★わんちゃん★【OPEN記念企画070319】
 北京五輪へのキップを手に日本へ凱旋(がいせん)した星野ジャパン。来年8月には悲願の金メダル奪取を目指すが、キーとなるのは、日本代表・星野仙一監督を支える同い年の親友、田淵幸一ヘッド兼打撃コーチの存在だ。「金しかいらない」の過酷な重圧を和らげられるのは、闘将とは対極の、癒やし系コーチだけだった。

 星野ジャパンが4日、成田空港へ凱旋帰国した。記者会見を前に、手荷物受取所では、田淵コーチが星野監督に詰め寄っていた。

 田淵「おまえ、おれのことを新聞記者にべらべらしゃべっているだろっ」

 星野「いや、まだしゃべってない。これからしゃべるところや」

 このやりとり、まさに名作、いしいひさいち先生の「がんばれ!! タブチくん!!」そのままではないか。

 前段には、前日の夕刊フジの記事があった。極度の緊張を強いられた初戦のフィリピン戦で、田淵コーチが先発オーダーを発表する際に、井端を「イナバ」、涌井を「ツツイ」と読み違えてナインをずっこけさせ、自然体を取り戻すことができた-という逸話。メンバー表が英語で表記され、文字が小さく老眼には目に見えづらかったこと、歯がインプラント治療の途中ではっきり発声できなかったこと-などが複合的な原因だが、田淵コーチは「場を和ませようと、わざとやったんだよ」と主張している。2戦目の韓国戦からは、メンバー表に日本語のフリガナが書き込まれるようになった。

 ここからが、田淵コーチの独壇場だ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


☆最新高性能電動ガン1/1スケール☆レーザーサイト、フラッシュライト搭載モデル【OPEN記念企画...


◆英語関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月06日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。