FC2ブログ

<インタビュー>6枚目アルバム発売のリナ・パーク 英語学習方法の情報局

<インタビュー>6枚目アルバム発売のリナ・パークのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

<インタビュー>6枚目アルバム発売のリナ・パーク

★新高性能2枚羽採用室外ラジコンヘリコプタードラゴンフライ★青【OPEN記念企画070319】
【ソウル5日聯合】米ロサンゼルスで生まれたリナ・パークがスカウトされ韓国に渡ったのは1996年。国内の芸能界では英語が流ちょうな在米韓国人のデビューがはやり始めていた。当時カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の演劇映画科2年に籍を置いていた彼女は、歌手の夢をかなえようと休学し韓国の地を踏んだ。それまで韓国を訪れたのはただ1回だったが、故国の音楽と文化、言葉を学ぶ良いチャンスだと考えた。そしてこの地で取り戻した名前がパク・チョンヒョンだった。98年にファーストアルバムを発売、「R&Bの妖精」と呼ばれるようになった。
 4枚目からは新たなプロモーターとレコード契約を結んだ。その時に1年間米国で学校に通うという条件を出した。ニューヨークのコロンビア大学英文科に編入したが、1学期を通ったところで2002年サッカー・ワールドカップの公式盤と4枚目アルバムのレコーディングのために韓国に戻り、そのまま居続けた。学業を中断したことは残念で、今回6枚目アルバムにあたっても学校のアドバイザーと毎日電話で話すなど悩んだ。しかし、パク・チョンヒョンはアルバムを出す方を選択した。

 「Come To Where I Am」は2年10か月ぶりの新譜。これまでは2、3曲ほど自作の曲も入れていたが、今回は1人で4曲、さらにプロデューサーとの共同作曲6曲の合計10曲を自らが生み出した。ジャンルの変化という試みよりも、シンガーソングライターに挑戦したのだ。

 パク・チョンヒョンは2005~2006年の空白期、主に日本で活動していたという...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


★新高性能室外ラジコンヘリコプタードラゴンフライ★白【OPEN記念企画070319】


◆英語関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月06日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。