「トロン技術者認定試験」実施へ、目指すは“組み込み版TOEFL” 英語学習方法の情報局

「トロン技術者認定試験」実施へ、目指すは“組み込み版TOEFL”のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

「トロン技術者認定試験」実施へ、目指すは“組み込み版TOEFL”

日本未発売モデル!デイデイトカレンダー搭載【逆輸入SEIKO5】セイコーファイブ 自動巻き腕時計...
 T-Engineフォーラムと社団法人トロン協会は12月5日、組み込みリアルタイム技術者の技術力を認定する「トロン技術者認定試験」を実施すると発表した。12月12日からの「TRONSHOW 2008」で模擬試験を実施。2008年4月に本試験を開始する予定だ。T-Engineフォーラム会長の坂村健氏は「TOEFL、TOEICの組み込み版と思ってもらってよい」と話し、世界で通用するスキルの客観的な指標に育てることを強調した。

 坂村氏は組み込みソフトウェア開発を海外企業を含めて外部委託するケースが増えていると説明。しかし、委託先企業の技術力が分からないままで、開発を委託してしまい「期待した品質が得られず、トラブルになるケースが頻発している」と指摘した。トロン技術者認定試験は「このようなトラブルを減らすのが目的」といい、組み込みソフトウェア開発の技術力を測定できるようにする。また、開発者個人としては自分の技術力の「自己アピールとしても使える」(坂村氏)という。

 試験は「組み込みリアルタイムシステム基礎知識」「ソフトウェア開発知識」を問う内容。組み込みリアルタイムの基礎からTRONアーキテクチャの基本概念、ITRON、T-Kernel、ミドルウェアなど「一般論ではなく、実際にソフトウェアを組むための試験になる」と坂村氏は説明した。試験は資格認定が目的ではない。100点満点で採点し、受験者が自らの技術レベルを分かるようにする。試験はコンピュータ・ベースド・テスト(CBT)で実施...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


■■


◆英語関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月06日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。