「Office 2008 for Mac」、1月16日に日米同時発売 英語学習方法の情報局

「Office 2008 for Mac」、1月16日に日米同時発売のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

「Office 2008 for Mac」、1月16日に日米同時発売

デイトカレンダー搭載12/24☆1円~5本♪ 【SEIKO】ニューセイコーミリタリーウォッチ電池不要の...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071205-00000059-imp-sci
 マイクロソフトは5日、Mac OS X用Officeのスイート製品「Microsoft Office 2008 for Mac」を2008年1月16日(米国時間15日)に発売すると発表した。参考価格は通常版が49,800円、アップグレード版が28,000円。Mac OS X 10.4.9以降に対応する。

 また、デジタル資産管理ソフト「Expression Media」を同梱した上位製品「Microsoft Office 2008 for Mac Special Media Edition」は通常版が52,800円、アップグレード版が32,800円。3ライセンスを含む「Microsoft Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミック」は通常版のみで22,800円。

 Office 2008 for Macには、ワープロソフト「Word 2008」、表計算ソフト「Excel 2008」、プレゼンテーションソフト「PowerPoint 2008」、メール/PIMソフト「Entourage 2008」、インスタントメッセンジャー「Microsoft Messenger for Mac」が含まれる。WordとExcelは単体製品としても発売。価格は両ソフトとも通常版が27,800円、アップグレード版が12,800円。発売日は2008年2月8日。

 Office 2008 for Macは、IntelプロセッサとPower PCプロセッサの両環境でネイティブに稼動するユニバーサルアプリケーションとして提供される。また、Macおよびアップル純正ソフトとの連携機能や、Windows Vistaの新しい日本語フォント「メイリオ」も用意。さらに、Windows版「2007 Office system」と同じグラフィックエンジンを搭載し、より表現豊かなドキュメント作成が可能になっているという...

ニュースの続きを読む


Review Questions for Neuroanatomy


◆英語関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月06日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。