FC2ブログ

クラスター爆弾 両足失った少年「大国は被害聞いて」 英語学習方法の情報局

クラスター爆弾 両足失った少年「大国は被害聞いて」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

クラスター爆弾 両足失った少年「大国は被害聞いて」

Digital Radiography and Pacs
 【ウィーン大治朋子】「クラスター爆弾をたくさん持っている国は会議に来て、僕たちの話を聞いて」--。5日から開かれている「クラスター爆弾ウィーン会議」の関連イベントに、米軍の不発弾で両足を失ったアフガニスタンの少年、ホラン・ハビブさん(16)が参加し、被害実態の紹介を通じて大国に姿勢転換を訴えている。 

 02年10月、当時10歳だったハビブさんはカブール郊外で叔父やいとこら5人でピクニックに出かけた。帰り道、ハビブさんはジュースの缶のような鮮やかな黄色の円柱形の物体を見つけた。拾い上げ、こじ開けようとした瞬間、爆発した。

 米軍はアフガン戦争(01年)後間もなく航空機から食料を投下し、市民に救援物資を配布していた。このためハビブさんは食料だと思い「わくわくしながら触った」という。13歳だったいとこは死亡。別のいとこ3人と叔父も重傷を負った。

 ハビブさんは両足を切断し命を取り留めたが、1カ月半後、足のももから入った爆弾の小さな破片が胃に達していることが分かり、再手術した。

 爆発したのは米空軍が保有する不発率4%以上の旧型のクラスター爆弾だった。04年当時、同軍は米議会に約10万発の保有を認めている。

 来年中の禁止条約締結を目指す「オスロ・プロセス」のリマ会議(今年5月)で、各国は「不発率の極めて高い旧型は廃棄すべきだ」との認識を相次いで示した。だが、旧型爆弾を多数保有する日本は米軍と同様、必要性を訴え廃棄しない方針を維持している...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


♪いきなりアップグレード♪ポケットパーソナルナビMioC325 Topo4G【等高線表示、4GBSDカード付...


◆英語関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月07日 トラックバック(0) コメント(1)

256ぷっくり膨れた豆を写メらせてもらったYOwwwなんか最近クリ写メココで流行ってるみたいw詳細きぼんぬww
http://tamotamo.net/mote/

2007年12月07日 251由紀子LOVE URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。