FC2ブログ

<薬物問題>我那覇「真実明らかに」会見で仲裁申し立て表明 英語学習方法の情報局

<薬物問題>我那覇「真実明らかに」会見で仲裁申し立て表明のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

<薬物問題>我那覇「真実明らかに」会見で仲裁申し立て表明

【送料無料】ディーゼル DIESEL ホワイトカレンダー(日付・曜日) 蓄光インデックスレディー...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071206-00000129-mai-socc
 生理食塩水とビタミンB1の点滴(静脈注射)を受けたことがJリーグのドーピング規定違反とされ、6試合の出場停止処分を受けたJ1川崎のFW我那覇和樹(27)が6日、東京都内で代理人の弁護士と共に会見し、処分の取り消しを求めて第3者機関に仲裁を申し立てることを表明した。我那覇は「違反したとは思っていない。胸を張ってサッカーが続けられるよう、真実を明らかにしたい」と、申し立てを決断した胸中を明かした。

 我那覇側に先立って同日、会見したJリーグの鬼武健二チェアマンは「(仲裁に合意した場合は)国際的な最高水準の判定を受けるため、スポーツ仲裁裁判所(CAS、本部スイス)に委ねる」との考えを強調した。

 これに対し、我那覇側は、CASで仲裁を受ける場合は書類の翻訳料などで多額の費用がかかり、我那覇の負担が増えるため、日本スポーツ仲裁機構(JSAA)への申し立てを希望した。ただ、「Jリーグ側の答えがノーなら、CASに行かざるを得ない」とも話し、CASでの仲裁も受け入れる意向。来シーズンが始まる2月末までに、仲裁機関による結論を得たいという。

 Jリーグから1000万円の制裁金を科された川崎は既に処分を受け入れている。【安藤由紀】

 ◇ことば「我那覇問題」

 スポーツ仲裁裁判所 CAS。本部はスイス・ローザンヌ。公用語は英語と仏語。1984年に設立。世界各国から指名された約250人の専門家らで構成...

ニュースの続きを読む


テクノスTECHNOSダイバーズ10気圧防水TAM629SB【オープン】【連続SA1106】【週末1122】【大量】...


◆英語関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月07日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。