FC2ブログ

イケメン監督フランソワ・オゾンが、過去の失敗作をぶっちゃけ告白! 英語学習方法の情報局

イケメン監督フランソワ・オゾンが、過去の失敗作をぶっちゃけ告白!のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

イケメン監督フランソワ・オゾンが、過去の失敗作をぶっちゃけ告白!

ストーカー(DVD) ◆20%OFF!
 近年、『8人の女たち』『スイミング・プール』といった女性映画で国際的な評価を得ているフランス映画界の若き俊英、フランソワ・オゾン監督が、約3年ぶりに来日。最新作『エンジェル』について、自らのキャリアを振り返りながら語ってくれた。

 イギリスの女流作家エリザベス・テイラーの埋もれた名著を映画化した『エンジェル』は、オゾン監督にとって、初の英語劇、さらに初の時代劇というチャレンジ精神に富んだ作品だ。貧しさから抜け出すためにペンを取り、やがてベストセラー小説家となった女性“エンジェル”の栄光と没落が、華やかな映像美で描かれている。若くして成功を勝ち得たエンジェルは、同じように20代のころから映像作家として注目を集めていたオゾン監督に重なって見える。

 「確かに、その点は似ているかもね」とオゾン監督。しかし次第に大衆から飽きられ、自分の世界に閉じこもるようになるエンジェルとは違うと語る。「小説家であれ、映画監督であれ、クリエーターは同じことを繰り返してはいけないと思う。常に進化しなくちゃね。僕自身、リスクがあるほうが燃えるタイプだよ」という言葉通り、オゾン監督はジャンルにとらわれることなく、さまざまなテーマや作風に挑戦しながら、現在のポジションを確立してきた。

 これまでの作品作りについて「失敗を味わったときにこそ、自分を変えるチャンスなんだよ」と振り返るオゾン監督に、過去の失敗を聞いていると「長編2作目の『クリミナル・ラヴァーズ』は、今思うと失敗作だったね」と告白してくれた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


JYONGRI/Possession/My All For You(CD)


◆英語関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年12月07日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。